バイカラーの家

ヘーベルハウスの外壁塗装は専門業者にも依頼できる

外壁の傷みが目立ってきたり、継ぎ目にひび割れなどが出てきたら、そろそろ外壁塗装の工事をする時期かもしれません。ひとことに外壁塗装といっても、その種類やメーカーもさまざまで、迷ってしまうほどたくさんあります。最近注目なのが、ヘーベルハウスの外壁です。CMでもおなじみのヘーベルハウスの外壁は、軽量気泡コンクリートで作られているのが特徴で、その軽量気泡コンクリートの中には鉄骨が入っているので、耐火性などにも優れています。一方多少の経年劣化もありますので、外壁が傷んできたなら、外壁リフォームも必要になってきます。塗装する場合は、やはりヘーベルハウスに依頼しなくてはいけないのかと考える方もいると思いますが、このヘーベルハウスの外壁は、他の外壁塗装業者やリフォーム会社でも、工事をすることが出来ます。一般的な外壁塗装会社などのほうが、価格が抑えられることも多いので、依頼する場合には、いくつか回って見積もりを取ると良いでしょう。もちろん、ヘーベルハウスにも見積もりを依頼するのも良いです。外壁塗装はお金がかかるから、もう少し大丈夫そうなどと、傷んだ外壁をそのままにしておくと、後からたくさんの費用がかかることもありますので、気がついたら早めに見積もりを取って、塗装をしたほうが良いでしょう。

外壁塗装のタイミングで外壁のイメージチェンジをしよう

ヘーベルハウスの家を建てられた方、ヘーベルハウスの外壁は、耐火性もあり、見た目も高級感があるので素敵です。しかしそれも永久的ではないので、10年や15年と経つと、やはり経年劣化は免れません。ハウスメーカーの定期検査などで、外壁の傷みを指摘されたら、外壁塗装をする時期になります。ヘーベルハウスも外壁塗装などのメンテナンスをしてくれます。外壁塗装のタイミングで、外壁のプチリフォームもすることが出来ます。外壁の色を変えてイメージを変えたい、色はあまり変えたくないけど素材感を変えたい、重厚感のある外壁にしたいなど、好みに合わせて選ぶことが出来ます。外壁イメージを変えたいなら、足場などを組む、外壁塗装の工事のタイミングでするのがチャンスです。ヘーベルハウスに相談に行って、外壁のイメージを変えたいと相談すると、外壁カタログなどを見せてもらうことが出来ます。種類やパターン違いで30種類以上あるともいわれていて、タイミングによっては、モダンな雰囲気の新色などが追加されていることもあります。外壁の種類やパターンによって値段が異なりますので、費用も含めての見積もりを出してもらうと良いでしょう。外壁を変えたいときも、外壁塗装のタイミングで変えるのがおすすめです。外壁を変えると、傷みや劣化の不安もなくなり、見た目も美しく、新築みたいな雰囲気になり楽しめます。

住宅メーカーの建物の外壁塗装のポイントとは

狭小地向けの住宅やクリニックや店舗との併用住宅など、ヘーベルハウスの商品ラインナップは豊富です。そのために外壁塗装を業者に依頼するときにも、建物の形状や立地条件に合わせて手ごろな施工プランを見つける必要があります。特にヘーベルハウスの外壁塗装に力を入れる業者は建物の特徴を熟知しており、最善の方法で施工してくれるので安心です。純正の塗料を活用して丁寧に塗りなおすのが、ヘーベルハウスの建物を長期間使い続けるための基本です。外壁塗装工事を実施するときに屋根の葺き替えも行うと、将来的な雨漏りのリスクも軽減できます。またヘーベルハウスに特化した業者であれば、建物の点検と塗装作業もスピーディーであり、時間と費用を節約できるメリットもあります。そして建物の北側には苔が発生するなど、方角や立地条件などによって外壁の状態が大きく異なるのも事実です。したがって同じ建物であっても、場所によって塗料の種類や洗浄の方法を使い分けるなどの工夫も必要です。ヘーベルハウス向けの施工に強い業者であれば、塗装個所に合わせて様々な塗料を使うこともできます。完成後の定期点検も活用すると、小さな不具合もすぐに見つけてフォローしてもらうことが可能です。

ハケ

Information

塗装中の作業員

外壁塗装で家の耐久性を高めよく

最近は耐久性を重視したヘーベルハウスが流行っています。質実剛健な家をウリにしており、構造体の強…

more read

モルタル壁

外壁塗装をおこなう重要性

外壁塗装は安いリフォームではありませんし、業者に依頼をする手間もかかるなどの理由から、ついつい…

more read

塗装用具

外壁塗装のDIYはオススメしない

外壁塗装の費用を節約するために、DIYで自分で塗装をしてしまおうなんて考えている方も中にはいら…

more read

家の模型と電卓

外壁塗装の業者を選ぶ際に大切なこと

外壁塗装は経年劣化していくので、定期的に塗り替えを行う必要があります。しかしながら、その際の業…

more read

News